Empowerment

認定特定非営利活動法人NPOサポートちがさきで取り組んでいる様々なプロジェクトを発信します。

「食から未来へ」勉強会 第1回勉強会 

f:id:sapochiga-mpj:20171011154453j:plain

 

第1回勉強会 

日時:10月2日18時半~20時半  

場所:茅ヶ崎市民活動サポートセンター 参加者:8名

JAさがみ組織経済部 販売課 菊地達也さん 

「みなさんは、どこまで知っていますか?身近な食の流通」というテーマでお話し頂き

ました。終了後参加の皆さんからもっと多くのみなさんに知ってもらいたい、有意義な

内容だったと感想を頂きました。

 

菊地さんのスピーチ要点

自分たちにできること 

・「知る」まずは買い物するときに表示をみる。

自分の口に入る食べ物が何で作られているか、どこでつくられているか、自分がしりたいと思っている情報がきちんと書かれているか確認する。

・「調べる」書かれている内容が分からない場合は、インターネットなどで調べる。何故、書かれているのか、その理由はなぜか、意外な事実が見つかることがある。製造メーカーに問い合わせることも良い。

・「考えてみる」新聞や雑誌、ネット、テレビ等で食品表示に関する様々な情報が提供されているので、食品表示について考えてみる。

・「アクション」素材のハッキリしたものを安心して食べたいということを伝える行動をする。

・4つの出来ることを提案しています。その上でよい食を求めるのであれば、適正価格であることが重要、商品を生産するひと、販売するひとが、それを販売することで生活ができ、またそれを生産する意欲が沸く価格=適正価格というものではないかと訴えています。

 

菊地さんは、現在の日本の農業について、輸入食品について、甘さ、濃さにむかっている嗜好の傾向など様々な我々が抱えている現状を丁寧に説明し、わいわい市設立の経緯と設立以来順調に売り上げを伸ばし、売り場面積から見た売り上げは全国一の規模になった。

ワイワイ市の生みの親のお1人でもある菊地さんの足跡、同時に食に関する正しい情報の伝達と将来を担うこどもたちにその思いを伝える大切さを真剣に考えるべきとの熱い想いが伝わる貴重な時間でもありました。

 

(久保田)

「食から未来へ」勉強会 スタート!

f:id:sapochiga-mpj:20171013003102p:plain

市内にある古民家を再生した会員制の貸農園「リベンデル」に伺った時、熊沢さんが、敷地内にあるミントを摘んでお茶代わりに淹れて頂き、美味しかった事、時折思い出します。

文教大学健康栄養学部では、管理栄養士をめざす学生と共に活動し、研究成果として玉ねぎの皮の機能性について発表し、予防医学の視点から、地域と連携した料理教室等も行っておられます。

こうした発表に接する事が出来て非常に関心を持ったのは地元には野菜や、果実があり、自然の中で人びとに何かしら良い影響を与えてくれる、天の恵みが我々の地域に見事に存在する事でした。

これらに携わる人びとの考え方や実践を見聞きして、改めて地域の中や周辺にある農産物をそうした目で見直してみたいと思いました。身体は「環境」に育ち、環境は「健康」を育てるという昔の教えがあります。

NPOサポートちがさきは、10年後の市民の健康を見据えて、健康への一歩は「食」自主事業で食から未来へ勉強会を有志でスタート致します。 本年度の目標は、仲間づくりでありネットワークを創っていくことにあります。

TOTO×茅ヶ崎市 どんぐりの森で未来をつなごう!

f:id:sapochiga-mpj:20131120173816j:plain

 

 どんぐりの木をあなたは思い浮かべられますか?

 

実はわたし、どんぐりは落ちているものしかイメージできませんでした。あれは実なのか種なのか、食べられるのか食べられないのか、そもそもあの帽子みたいなものは何なのか・・・

 

このどんぐりで森をつくる。最初そのことを耳にしても全くピーンと来なかったわけですが、どんぐりの森がもたらす社会的・環境的な価値を広めようと、「TOTOのどんぐりの森づくり」事業が進められています。

 

f:id:sapochiga-mpj:20131121080804p:plain

 

このたび、茅ヶ崎でも事業が開始されることとなり、茅ヶ崎市保有する土地をこの事業で有効活用することができました。NPOサポートちがさきは、このマッチングの仲介をさせていただきました。

 

企業活動と行政活動のマッチングって、難しいものがあります。企業は自社の営利を追求する存在ですし、行政は公平性・中立性がとても重要です。そのため企業が社会的な活動をしようとしても行政が協力できないケースも多く(社会的な活動なのかどうかを一つ一つ客観的に審査するのが難しい)、NPOサポートちがさきのような中間支援組織が果たす役割はこのような場面にもあらわれてきます。

 

皆さんの街でもこのような企業と行政、企業とNPOの素敵な協働事例があると思います。これは良い!と思う事例がありましたら、どんどん教えてください!

 

 

 

11月16日 TOTOどんぐりの森づくり事業 植樹を実施!|茅ヶ崎市公式ホームページ

 

(文責:北川哲也

伊藤園 × さぽちが お茶のおしい入れ方教室

 10月15日(火)、「お茶のおいしい入れ方教室」が、住宅型有料老人ホーム「ネオ・サミット茅ヶ崎」にて開催されました。強い雨風のなか、12時半には伊藤園さんが到着。瞬く間に道具や茶葉が並べられ、おそろいの「お~いお茶エプロン」をつけて準備完了です。
 f:id:sapochiga-mpj:20131101120006j:plain

15時 さぽちが×伊藤園の挨拶に続いて、伊藤園CSR推進部・ティーテイスター2級*の白石毅さんによるお茶セミナーが始まりました。

f:id:sapochiga-mpj:20131101120043j:plain

 

白石さんの軽妙なトークにひきこまれ、ポットのお湯、湯のみに入れて移したお湯、氷の水出しと、お隣り同士でお茶を入れて順々に味わうにつれ、場が和んでゆく「お茶の力」を感じます。
 f:id:sapochiga-mpj:20131101120104j:plain


普段はティーバックやペットボトルのお茶を飲んでいる人も急須で入れるお茶のおいしさを再発見。このセミナーをきっかけに、心のふれあいときずなが深まることを願っています。

f:id:sapochiga-mpj:20131101120127j:plain
 
お茶セミナーは、神奈川県「企業とNPOのパートナーシップ事業」の一環として、さぽちがと株式会社伊藤園の協働企画として行いました。  

*ティーテイスター:伊藤園の社内資格

文責:益永律子

 

【御礼!】10/11 企業×NPO×行政の交流サロンⅡを開催しました !

f:id:sapochiga-mpj:20131011172933j:plain

 

平成25年10月11日、茅ヶ崎市コミュニティーホールにて「企業×NPO×行政の交流サロンⅡ」を開催いたしました。テーマは「チーム茅ヶ崎へ。新しい連携のカタチ。答えは足元に。ローカルファーストで人・モノの好循環。」というものでした。

 

60名くらいを想定して企画・準備してきましたが、ふたを開けてみると70~80名くらいの企業関係者、NPO関係者、行政職員が参加されました。(ありがとうございます!!)

 

交流サロンの開催は、昨年の11月、今年の5月に続いて3回目。同じ茅ヶ崎で地域のために活動をしていても、互いに何をやっているのか見えてこなかったり、ちょっと協力し合えばもっと効率的に・効果的に活動ができるのにそれがなかなか実現できなかったり・・・そういう状況がありますので、まずは風通しを良くしようということで、交流のきっかけをつくるイベントを開催しております。

 

イベントの反省やふりかえりについては、今後NPOサポートちがさき(さぽちが)にて丁寧におこない、今月中に参加者、関係者の皆さまにご報告させていただきます。

また、このたびさぽちがでは、メールマガジンを発刊することに決まりました。その詳細についても、次回お話しさせていただきます!

 

皆さま、今後とも引き続きよろしくお願いします!

 

(文責:北川哲也

【告知!10/11】企業×NPO×行政の交流サロンを開催いたします!

身近な地域で多様な人たちが交流し、お互いを知れば新しい価値を生み出すきっかけになるかもしれません。

 

昨年より動き出した当法人の「企業×NPO×行政のマッチングプロジェクト」では、市内企業の皆さまへのアンケート調査をスタートとして、今回のような交流イベントを既に2回実施いたしました。

前回は、5月24日に茅ヶ崎商工会議所で開催し、多くの企業・NPO関係者に集まっていただきました。その際のレポートはこれ。

 

 

【御礼!】企業×NPO×行政の交流サロンⅠを開催しました ! - 企業とNPOのマッチングプロジェクト

 

前回は、時間の制限上、交流の時間が十分に確保することができなかったため、今回はテーブルワークの時間を多めに設定しています。

 

今回のテーマを一つに絞るのはなかなか難しいのですが、個人的には「企業活動における地域とのかかわり方」について注目していただけると、事例発表は面白いんじゃないかと思います。

 

社会貢献とか、CSRとか、企業活動は本業だけでなく社会的な活動も義務のように言われがちですが、最近は、本業を通じた社会への価値提供(還元)が注目されています。いわゆるCreated Shared ValueCSV=本業で社会で共有できる価値を生み出す、ということ)という概念ですね。

 

たとえば、今回登壇していただく長谷川書店さんは、茅ヶ崎では誰もが知っている街の本屋さんですが、「本を通じて人を育て、国力をあげることが自分たちの使命。そのために有意義な本を売り、また、読み聞かせ講座を定期的に実施する。」ということを実践されています。

 

 

【企業ヒアリングマラソン】書店から進めるヒト創り|長谷川書店さん - 企業とNPOのマッチングプロジェクト

 

このような活動はやり方によってはマーケティング色が強く出過ぎたり、商売っ気が出てきて、「売名行為だ!」って反感を買ってしまうところが実際にはあってすごく難しいのですが(「あまちゃん」でも太巻さんが言ってましたよね。)、このような活動を無理なく継続して実践できる環境づくりや、人のネットワークづくり、それにこのような活動をすることで皆に知ってもらえるというちょっとしたインセンティブがすごく大切で、これらの活動がひいては街を豊かにしていくと考え、私たちNPOサポートちがさきは、そんな環境整備事業として今回のイベントも位置づけています。

 

 

今はこのような活動に興味はなくとも、参加してみるときっと多くのヒントを得られると思います。だいたい、企業とNPOとでは文化がずいぶん違うので、そういう垣根を超えて関われる機会は少なからずカルチャーショックを受けると思います。

  

そういうわけですので、学生さんも主婦の皆さんも、シニアの方、企業の方、NPOの方、どんな方でも気軽に足を運んでいただいて新しい出会いを作ってみてください。きっと新しい刺激を受けることができますよっ!

 

 

なお、お申込みは下記のURLからチラシのPDFを取得していただき、Faxで送っていただくか、関係者に声をかけていただき代理で申し込みをしてください。参加費は1000円かかりますが、軽食もあって資料ももらえるので、とてもオトクです!何より出会いの機会ですからね♪

 

▼交流サロンのチラシPDFデータ

 http://www.sapochiga-mirai.com/PDF/20131011-npo.pdf#zoom=100

 

 

お申し込みを心よりお待ちしております!

 

f:id:sapochiga-mpj:20130930235930p:plain

 

 

f:id:sapochiga-mpj:20131001000025p:plain

 

 

(文責:北川哲也

 

 

【企業ヒアリングマラソン】地域・企業がWin-Winの関係に|伊藤園とネオ・サミット茅ヶ崎のコラボ

  

茅ヶ崎で取り組まれている企業による社会や地域への貢献活動を聞いて、共有するヒアリングマラソン。本年度は市内50社程度を目安に、皆様の活動状況についてお話しをお聞きし、NPOとの交流や、行政とのかかわりを促していきたいと思います。ヒアリングに協力してくれる市内企業さん、是非お声かけください。

 


 

  今回は、昨年茅ヶ崎に住宅型老人ホームをスタートさせたネオ・サミット茅ヶ崎さんと訪問。施設のコンセプトについてお聞きしつつ、今回は伊藤園さんとのコラボレーションを創出するために、当法人が仲介(ハブ)役としてお手伝いさせていただきました。

 

そこで、ネオ・サミット茅ヶ崎さんのご紹介と、伊藤園さんとのコラボレーション事業についてご紹介させていただきます。当法人のような中間支援型NPOが企業間取引でどのように機能するのか、企業活動の地域との関わりの重要性を知るにはとても良い事例ですので、少し丁寧にご紹介させていただきます。

 


 

   

神奈川県 茅ヶ崎市 住宅型有料老人ホーム ネオ・サミット茅ヶ崎 | 介護付有料老人ホーム ネオ・サミット茅ヶ崎 ケアレジデンス

 

 

 


CSR(社会・環境) | 伊藤園

 

 今回お邪魔させていただいたネオ・サミット茅ヶ崎さんは、住宅型有料老人ホームという施設。厳密には住宅としての老人ホームと、介護付き施設としての老人ホーム(ケアレジデンスという名称)が併設されているのですが、今回は前者を対象に訪問いたしました。

 

どちらかというと、こちらは高級老人ホームといわれる部類。入ってみるとホテルのような施設で、「こんなところが茅ヶ崎にあったんだぁ」と私はとても驚きました。そんな施設ですが、コンセプトとしては地域とのつながりを非常に大切にしています。

 

3.11以降、海抜が10メートル未満の地域が非常に多い茅ヶ崎でも、津波への警戒が強まりました。特に国道1号線以南の地域は、津波の規模によってはすべて飲み込まれてしまう可能性もあります。

 

▼参考:茅ヶ崎市津波ハザードマップ

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/localhost/050bosai/010bousai/tsunamihazardmap.pdf

 

そこで、ネオ・サミット茅ヶ崎さんでは、施設の高さを津波対策で安全と言われる18メートルに設定し、近隣の方々が避難できるように屋上を避難場所として提供することにしました。そのため、茅ヶ崎市の津波避難場所(非難指定地域)として指定されています。さらに、マンホールトイレの設置や、敷地内の公園のベンチが緊急時のカマドになるなど、教訓を十分に取り入れていることが分かります。

 

また、環境への配慮も大切にしており、屋上には太陽光パネルを多数設置し、施設の電気は余裕で賄えるほどの発電が可能となっています。売電もしているとのこと。

 

f:id:sapochiga-mpj:20130921003753p:plain

 

屋上に上ってみたのですが、眺望が素晴らしく、入居者に会いに来たご家族がわざわざ屋上に上がりたいと思える施設にしています。

 

他にも農業工場というものを施設内に設け、研究所のような雰囲気すらあり、ワクワクしました。

 

 

f:id:sapochiga-mpj:20130921003845p:plain

 

 

 

さて、今回のエントリーはネオ・サミット茅ヶ崎の宣伝ではありません。伊藤園さんとのコラボレーションを成功させるためです。

 

伊藤園さんのCSR活動は、「茶畑から茶殻まで」というテーマで大規模な茶畑から品質管理のうえで茶葉を仕入れ、お茶から生ずる茶殻のリサイクルまでおこない、徹底した持続可能な事業活動に取り組んでいます。

 

 

f:id:sapochiga-mpj:20130921004222p:plain

 

 

 

茶殻リサイクル製品一覧 | 茶殻リサイクルシステム | 伊藤園

 

茶殻を使用しているので、名刺や封筒の匂いを嗅ぐとお茶の香りがします(!)。お茶の持つ殺菌作用や、香りの良さを活かしながら、環境対策にも力を入れいているわけですね。

 

また、おいしいお茶を日本中で飲んでもらいたいと、お茶の入れ方講座も開催しており、今回はこの講座をネオ・サミット茅ヶ崎さんで開催したいという意向を当法人が受け、その場をコーディネートさせていただいたというわけです。

 

 

f:id:sapochiga-mpj:20130921004617p:plain

 

 

多くの企業がセミナーや◯◯講座を開催しようとしていますが、なかなか場所や集客が難しく、低予算では実現しにくいのが実情です。一方で、そのようなセミナーや◯◯講座を自分たちの施設で開催してほしいというニーズもたくさんあります。

この両者がなかなかマッチングしないため、思うように進まないのが現状なのですが、当法人のような中間支援団体は地域の企業やNPOのニーズを把握することを心がけていますので、今回の伊藤園さんの申し出にすぐに対応することができました。

 

結果的に、伊藤園さんとネオ・サミット茅ヶ崎さんのマッチングに成功し、当法人としても地域に新たな価値を生み出すことができました。

 

f:id:sapochiga-mpj:20130921004740p:plain

 

 

今回成立した事業は10月の初旬~中旬のいずれかの日程で開催されます。

 

 

 

 

今回のように、企業(伊藤園さん)とNPO(当法人)の協働(マッチング)は、場合によっては企業と企業の協働(マッチング)を生み出す上で非常に有効に機能することがあります。最近は比較的規模の大きな企業が当法人のような中間支援型NPOを頼って、地域に根付いた活動を迅速にスタートする事例が増えています。

 

企業にとってNPOとの協働は、社会(地域)貢献と、企業活動でなかなかリーチできない領域にアプローチができるメリットの二つの側面があり、今後このような協働事例は、企業活動の規模の大小問わずさらに増えていくでしょう。

 

そのためにNPOとしては何が必要か、企業としては何が必要か、丁寧に準備することが大切なのだろうなぁと感じました。

 

 

(文責:北川哲也